屋根リフォーム|屋根リフォームのご依頼は千葉県旭市の株式会社小林金属工業まで

長年の経験と確かな技術で暮らしを快適に

屋根リフォーム

建築板金業者の行う屋根リフォーム

板金を使用した屋根リフォームがおすすめ

建築板金の屋根リフォームでは、「板金」を使用して屋根のリフォームを行います。
板金の種類は主に「亜鉛メッキ鋼板」「ガルバリウム鋼板」「ステンレス」などがあります。
素材によって費用や機能性などに違いはありますが、どの素材に対しても言えることは「耐久性が飛躍的に向上する」ことです。
薄い板金を加工して取り付けることにより、大雨や台風、積雪などに強い屋根作りが行えます。

劣化・破損に強い建築板金の屋根リフォーム

屋根は定期的なメンテナンスをしっかり行い、塗装や防水加工などをしていれば、基本的には長持ちするものです。
しかし、実際は屋根が劣化・破損してから修理やリフォームで慌てる方の方が多いかと思われます。
屋根の状態は日常的に確認するものではないため、問題があっても気が付かずに状態が悪化してしまうのが原因です。
そんなときに頼りになるのが建築板金の屋根リフォームです。
板金を使用することで耐久年数を向上させ、修理やリフォームの頻度を減らして劣化や破損の被害を軽減させます。

屋根リフォームのタイミングと見極め方

定期メンテナンスの頻度は?

屋根の耐久年数は素材や地域の環境によっても異なりますが、おおよそは10年~20年程度を目安にしておくと良いでしょう。
そのため、定期メンテナンスの頻度は寿命が来る前に行っておくのが無難です。
「屋根リフォームの費用を少しでも抑えたい」という方は、7~8年に1度くらいの頻度でメンテナンスを依頼すると良いかもしれません。
当社ではお見積り無料で点検などを行っておりますので、屋根に関することで気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

屋根リフォームのタイミング

「雨」は屋根にとって天敵なので、梅雨や雨の多い時期などを迎える前にリフォームが行えるようにしましょう。
屋根が破損している状態で台風や大雨にあうと、状況はどんどん深刻になります。
そのため、屋根のリフォームを検討する際には春ごろに相談を持ち掛けるのをおすすめします。
また、連休などのタイミングで一度屋根の状態を見直してみるのも良い方法です。

屋根リフォーム(工事)の種類

塗り替え
屋根リフォームの中では、最も手軽に行える工事です。
7年~10年程度の頻度で屋根の塗り替えを行うのが一般的で、屋根の基礎部分に酷い傷みがない時に有効的です。
塗り替えはどのような状況でも必須の作業と言えますが、日本瓦だけは屋根の塗り替えが行えないので注意してください。
重ね葺き
重ね葺きとは、元々あった屋根をはがさずに上から重ねて耐久性を向上させる工事です。
屋根が二重になるので遮音性や耐久性は向上しますが、重くなりすぎないように建物の強度や耐震性を考慮する必要があります。
葺き替えに比べると、容易に行えて廃材が出ないので、工事費用の負担を抑えることができます。
葺き替え
葺き替えとは、屋根材と下地の全てを新しいものに替えるリフォームです。
屋根のリフォームでは一番大規模な工事となります。
古い屋根を撤去して新しいものに替えるので、この機会にデザインや機能面を見直すことができます。

お気軽にお問い合わせください

TEL0479-63-9140
FAX0479-63-5920

営業時間 8:00~17:00/日曜定休※営業電話はお断りしております

INFORMATION

ページの先頭へ